Neri's Blog

.NETに関するBlogにしたいと思ってます・・・が どうなることやら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続々・VHD環境を作成する前にやっておくべきだったこと

VHDシリーズ第3段ですが、実は今 Blog を書いている環境は物理環境だったりします^^;;;

前回、Live Mesh を使って複数台でのプロファイル共有の仕組みをつくりました。

図にするとこんな感じ

mesh

絵心ないな・・・w

これでいける!と思ったんですが、各端末で 起動時、FireFox 使用中、使用後にLive Mesh側との自動同期が始まってしまい、帯域的にも、時間的にも無駄なことをやってる感がありありです。

 

理想はこちら

storage

同期のタイミングを設定できる方法とは・・・?

スポンサーサイト

続・VHD 環境を構築する場合にやっておくべきだったこと

前回の最後で Live Mesh を使ってうんたら・・・と書いていましたが、考えてみれば、FireFox のプロファイルを別フォルダに移動させて、すべての VHD 環境から同じものを読み出せばいいことに気が付きました。

が!

あえて Live Mesh を使って同期の仕組みを作ってみました。複数台の PC を使用している場合はきっと役に立つはず・・・たってほしいなw

以下のような流れ

  1. 共通のプロファイルを保存するフォルダを決定する
  2. ここを参考に現在のユーザーが参照している FireFox のプロファイルをフォルダーごと 1. のフォルダにコピー
  3. FireFox の Profile.iniを 1. のフォルダを読むように変更 (2. のサイトが役に立ちます)
  4. Live Mesh で同期させる
  5. 3 ~ 4 を各環境で実施*

*注意: ログインしているユーザーのアカウントが異なる場合(ドメイン ユーザーが異なったり、ローカル ユーザーの場合) 読み取り、書き込み権限を各環境で付与しないとうまくいきませんでした。

 

これで各環境でや異なる PC で同じプロファイルを使えます。ちゃんと同期もしてくれるしね。

 

結局、http://www.xmarks.com/ と同じようなことかもしれない・・・

VHD 環境を構築する場合にやっておくべきだったこと

今日は1日中検証用の環境を作っていました。

一応ここの記事を見て、共通環境を作ってから、VS2010 Beta2 と VS2010 RC と両方の環境をつくったのですが(現在は Silverlight 4 開発するなら Beta2 だから・・・ ToT) 共通環境に入れておくべきソフトウェア、設定をあらかじめ書き出していなかったため重複が出ちゃいました。

自戒、そして次回のために共通環境に必要なリスト、項目を自分用メモとして残すべし。
今回の共通環境はもう ReadOnly にしちゃってるので、VS2010 が RTM してからだろうな・・・

  • 必要なランタイムや更新 (Windows Update)
  • ドライバ類 (データ カードとか)
  • 3rd パーティ製ブラウザー (FireFox)
  • エディター (Notepad++)
  • Twitter クライアント (MiniTwitter)
  • Windows Live Writer
  • それぞれの環境のダウンロード、ピクチャ、ミュージック、ビデオフォルダの同一のフォルダへの指定(ドキュメントは個々で異なるものが必要だと思う・・・同じ製品の Beta と RC の検証で環境を構築する場合もあるので・・・今回がまさにそれ)

とここまでやった後に、ブックマークの共有はどうすればいいんだろう?と考えてみました。思いついた案は3つ

  1. http://www.xmarks.com/ のようなブックマーク同期サービスを使う
  2. Live Mesh で共有フォルダを作り、そこにブックマークを構築する
  3. USB などで管理する

1 も 2 も同じようなものですが、1 は ローカル・ドメイン 限定でブックマークをしていることもあるのでちょっと怖い。なんか他人にも見えそう(的外れ?)
2 も共有だけど、一応外には出ていかない・・・はず。
3 はできればやりたくないです。すぐ USB 無くすし。

というわけで、現在 2 ができるかどうかお試し中

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。