Neri's Blog

.NETに関するBlogにしたいと思ってます・・・が どうなることやら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12/17 わんくま同盟でお話しさせていただきます。

おひさしぶりです。歳の瀬なのですが、今年1年は色々ありました。 もう、本当に色々と...w さて、12/17 おそらく本年最後のセッションをやります。わんくま同盟 東京勉強会です。

わんくま同盟 東京勉強会 66
今回は Windows 8 関連が盛りだくさんなので是非ご参加ください。

10:20 ~ 10:40 開場・受付開始
10:40 ~ 10:50 わんくまについて
10:50 ~ 11:40 「とりあえず作ってみよう Metro Style アプリケーション」by インフラジスティックス 池原さん Lv.1くまー
11:40 ~ 13:10 おひるごはん
13:10 ~ 13:40 ライトニングトーク
13:40 ~ 14:40 「WPF/Silverlight視点で視る MetroスタイルのXAML」by グレープシティ八巻さん Lv.2くまー
14:50 ~ 15:40 「Windows Phoneアプリ開発 Marketplaceが教えてくれたこと」by セカンドファクトリー杉下さん Lv.1くまー 15:50 ~ 17:00 「<未定>」by マイクロソフト大西さん Lv.1くまー
17:10 ~ 18:00 「Visual Studio 11 Developer Preview をさわってみよう」by えムナウ Lv.1くまー
18:20 ~ 懇親会  

WinJS!

スポンサーサイト

Visual Studio LightSwitch が一般公開され、Silvelright4 もアップデート

今更な感じがありありですが、8/23 に Visual Studio LightSwitch の ベータ版がリリースされました。

概要は下記の Blog で紹介されいらっしゃいますのでお任せしちゃいます。

ナオキにASP.NET (仮) - Visual Studio LightSwitch Beta が MSDN Subscription で公開!

どっとねっとふぁんBlog - LightSwitch(RSS)

私も一般公開と共に入れて触っているのですが、先日 8/25 - 27 の Tech・Ed の @oniak3 セッションにて衝撃の事実が・・・

「LightSwitch で提供されている Silvelright のランタイムは一般公開されていないものなので別環境に入れましょう」

かなり冷汗がでましたが、その後どうやら現地時間の 9/1 付けで Silvelright4 のアップデート版がリリースされた模様です。こちらを入れると大丈夫みたいです。

@timheuer -

Silverlight 4 service release (September 2010)

開発者はとりあえずンストールだ!

ちなみに 9/25 の CLR/H勉強会 ではこの LightSwitch についてお話しさせていただく予定です。がんばらねば・・・

Windows Phone 7 Training Kit の プッシュ通知サンプルでハマる・・・

8 月 21 日に新宿 OST にてモバイルプログラミング生放送勉強会が開催されました。

私もトリのセッションで Windows Phone 7 と プッシュ通知についてお話ししました。

その中で Training Kit のプッシュ通知サンプルを紹介したのですが、Beta 対応にも関わらず、対応されきっていないみたいで数時間はまりました。

Tile と Toast メッセジーを送ると・・・

Notification

残念な結果に

error

それぞれ Tile / Toast で使用するメッセージの仕様が変更されたためエラーが発生していた模様ですので、こちらを直しましょう。

NotifcationSenderUtility.cs

solution

 

private static byte[] prepareToastPayload(string text1, string text2)
{
    MemoryStream stream = new MemoryStream();

    // ここからいらね
    //byte[] prefix = Encoding.UTF8.GetBytes("Content-Type: text/xml\r\nX-WindowsPhone-Target: toast\r\n\r\n");
    //stream.Write(prefix, 0, prefix.Length);
    ////// ここまでいらね

    XmlWriterSettings settings = new XmlWriterSettings() { Indent = true, Encoding = Encoding.UTF8 };
    XmlWriter writer = XmlTextWriter.Create(stream, settings);
    writer.WriteStartDocument();
    writer.WriteStartElement("wp", "Notification", "WPNotification");
    writer.WriteStartElement("wp", "Toast", "WPNotification");
    writer.WriteStartElement("wp", "Text1", "WPNotification");
    writer.WriteValue(text1);
    writer.WriteEndElement();
    writer.WriteStartElement("wp", "Text2", "WPNotification");
    writer.WriteValue(text2);
    writer.WriteEndElement();
    writer.WriteEndElement();
    writer.WriteEndDocument();
    writer.Close();

    byte[] payload = stream.ToArray();
    return payload;
}

private static byte[] prepareTilePayload(string tokenId, string backgroundImageUri, int count, string title)
{
    MemoryStream stream = new MemoryStream();

    // ここからいらね
    //byte[] prefix = Encoding.UTF8.GetBytes("Content-Type: text/xml\r\nX-WindowsPhone-Target: token\r\n\r\n");
    //stream.Write(prefix, 0, prefix.Length);
    //// ここまでいらね

    XmlWriterSettings settings = new XmlWriterSettings() { Indent = true, Encoding = Encoding.UTF8 };
    XmlWriter writer = XmlTextWriter.Create(stream, settings);
    writer.WriteStartDocument();
    writer.WriteStartElement("wp", "Notification", "WPNotification");
    writer.WriteStartElement("wp", "Tile", "WPNotification");
    writer.WriteStartElement("wp", "BackgroundImage", "WPNotification");
    writer.WriteValue(backgroundImageUri);
    writer.WriteEndElement();
    writer.WriteStartElement("wp", "Count", "WPNotification");
    writer.WriteValue(count.ToString());
    writer.WriteEndElement();
    writer.WriteStartElement("wp", "Title", "WPNotification");
    writer.WriteValue(title);
    writer.WriteEndElement();
    writer.WriteEndDocument();
    writer.Close();

    byte[] payload = stream.ToArray();
    return payload;
}

結果はこんな感じです。
Tile と Toast

Tile Toast

しかし、奥深い・・・

セッションスライド

http://blogs.jp.infragistics.com/blogs/dikehara/archive/2010/08/23/windows-phone-7-training-kit.aspx のクロスポスト

Expression 4 日本語版リリース! Windows Phone Developer Tools Beta とは・・・

7/21 に日本語版の Expression 4 が MSDN に公開されたので早速英語版をアンインストールし、入れてみました。

Windows Phone 用のテンプレートはやはり出てこなかったため、下記の要領でプロジェクトテンプレートをコピー

  1. Blend for Windows Phone Betaのインストール フォルダ\ProjectTemplates\en\CSharp から “WindowsPhone” フォルダを選択しコピー
  2. 日本語版の Blend 4 インストール フォルダ\ProjectTemplates\ja\CSharp に貼り付け

これでうまくいく! と思いきやこんな表示が・・・

Blend1

オーサリングの有効期限ってなんじゃらほい?

ちょっと調べてみたかぎりでは Blend for Windows Phone Beta を使わなければいけないっぽいですね・・・

Windows Phone - Forum

Windows Phone Developer Tools Beta と日本語版 Visual Studio

しばらくチェックを怠っている間に Windows Phone Developer Tools Beta がリリースされていました。

早速入れてみたところ、無料での開発環境提供! という名前の通り以下のツールがインストールされました。

  • Microsoft Visual Studio 2010 Express for Windows Phone
  • Microsoft Expression Blend for Windows Phone Beta

VS はわかりますが、Blend も今後 Windows Phone のために無料提供されるんでしょうかね?

さて、日本語の Visual Studio を使用しているとプロジェクト テンプレート画面に Silverlight for  Windows Phone テンプレートが追加されておらず・・・はて?

Twitter でつぶやいてみた所、@onos@hatsune_ ご両人に助言をいただいて日本語版の VS プロジェクト テンプレートに無事出すことができました。

以下手順をメモメモ (一応日本語版対応はされていないみたいなので各自の責任でよろしくです)

参考記事:
方法 : プロジェクト テンプレートと項目テンプレートを配置して整理する

  1. VS のインストールフォルダ\Common7\IDE\ProjectTemplates\CSharp\Silverlight for Windows Phone を開く
  2. “1041” という名前のフォルダを作成し “1033” に存在している zip ファイルを全てコピーする
  3. VS のインストールフォルダ\Common7\IDE\ItemTemplates\CSharp\Silverlight for Windows Phone を開く
  4. “1041” という名前のフォルダを作成し “1033” に存在している zip ファイルを全てコピーする
  5. コマンドラインで Visual Studio のインストールフォルダへ移動し、次のコマンドを実行
    devenv /setup

セットアップが完了し、Visual Studio を起動すると Windows Phone 用プロジェクトがちゃんとでてきました。いえい。

1

次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。